4/1ロマンチックアラモード

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 13:14

参加いたしますが、現在新しいもののご用意が殆ど出来ないような状態になっております。

ぞっとするほど体調がはかばかしくなくどうしても作業がうまく出来ないのです…

ご迷惑をおかけしております。

 

それでももしお気に召すものがありましたらよろしくお願いいたします。

 

ロマンチックアラモードのファッションショーには、

新しくおつくりしたオーダードレスを見ていただけるように

ご好意をいただいたのでその作品で参加いたします。

 

 

それでも諦めてしまいたくはないのです。

…どういう形なら作り続けていけるのか。

作ることを許していただいてほんとうにいいのか。

ずっと自問し続けている日々です。

活動の仕方をもう一度見直して、

少なくとも調整期間を設けて、

しばらくは制限のある形で進めなければと思っております。

(「秘密のお針箱」とデザフェスがまずは該当します)

 

こんなことになってしまい、

ご迷惑をおかけしている方にはほんとうにほんとうに申し訳なく。

そして励まして下さる方、ほんとうにありがとうございます。

 

2016.9.3 ロマンチックアラモード

  • 2016.09.13 Tuesday
  • 04:22

9/3のロマンチックアラモードでは、イベント内で行われたファッションショーに参加させていただきました。

今回は、「19世紀英国100年間のドレスシルエットを、21世紀の街着として再構築する」をテーマとして、

製作モチーフにした年代順に歩いていただくというショーでしたので、

いつもお願いしている方だけでなく、総勢9名!のかたに助けていただきました^^ありがとうございました。

どなたにどれを着ていただこうかあれこれ迷うのも楽しかったです。

 

19世紀初頭から1820年代までのエンパイアスタイル。

 

1830ー1860年代の第2ロココとも呼ばれるふんわりしたシルエットの時代。

 

1870−1880年代のバッスルドレスの時代。

 

1890年代、Sincerely 一番の定番スタイル。

 

最後のウェディングドレスは今年の3月に製作させていただいたものです。

 

街着、がテーマなのでとてもシンプルな形のショーでしたが、

最後のウェディングドレスで華やかに締めていただいたかな、と。

 

10周年展でトルソーでのモチーフ年代順のドレス展示を行いましたが、

やはり、うちの服は着ていただいてこそ、だと思っているので

今回ずらりと並んでいただくことが出来てすっごく嬉しかったですv

とてもいい記念になりました。

 

壮観でしょう。ふふふ。

 

会場の中之島中央公会堂自体が華やかなホールなのでとても綺麗v

周りにたくさんうちのドレスを着てきてくださった方たちがいて下さる情景は

うっとりするほど素敵でしたv

(ショーの本番以外も割と会場内で長い間着ていただいてたのでした)

 

販売も今回は即売品中心で、

シノワドレスばかりにはなりましたが「たくさんありますね」って言ってもらえて

よかったです^^;

家のほうが今年の夏はずっとばたばたしていたので、

ぎりぎりまでもう駄目かも…と思っていたけれど諦めずにいてよかった。

 

 

↓ロマアラでの販売物などご紹介。ツイッターでは予告していたのですが、ブログのほうまで手が回りきれなくて;

ツイッターを見ない方にはいろいろとご迷惑をおかけしております;

 

 

今回ご用意したシノワドレスの新柄。

(写真を取り直せていないので、後半作りかけの写真で申し訳ないですが…)

黒猫が隠れている布屋さんで一目ぼれした柄の生地です。

去年の人気柄が今年再販になって嬉しくて購入してきました。

各色各サイズ1枚ずつ製作中。

ロマアラで黒地に赤9号、芥子9号、こげ茶11号は既に販売済みですが、

残りもロマアラ以降製作を続けていて(今現在まだ途中ですが)

15日の日付が変わるころにまとめてサイトのカートにUPさせていただこうかと思っております。

 

こちらも久しぶりに製作した、ウィリアムもリスの「ストロベリーシーフ」柄のノースリーブボウブラウス。

青のほうはロマアラで完売いたしました。ありがとうございました。

紫のほうが7号と13号の2点が残っているので、こちらも15日にカートにUPしようと考えています。

 

カートのほうは15日から5日間だけオープンにして、それ以降は、

ハンターズフェア終了まで一旦閉めさせていただく予定です。

今のカートが非常に不満なので、カートの場所を変える予定で現在考えています。

 

ショーの準備に思った以上に手を取られて、

(やはり9人の方に動いていただく、というのはすごいことでした。皆様本当にありがとう)

まったく他を見て回ったりする余裕がなくて、終始ばたばたと過ごしてしまいましたが、

久しぶりのロマンチックアラモードは相変わらず盛況でとてもにぎやかなイベントでした。

今回はショーが別会場になっていて、会場にゆとりが出来てよい感じの販売だったのではないかと思うのですが

その代わり、ショーの会場のほうはぎゅうぎゅうの満員状態で「少しだけ覗きに行く」といったことが

全然出来なかったのが心残りではありました^^;

結局、いつ始まっていつ終わったのかもよく分からなかった…;

音楽や放送ぐらいは、販売会場のほうにも放送されるとよかったのになどとも思ってしまったのですが。

毎回、いろいろ考えて改善した形でイベントをされているので新しいことでまた改善点が出てしまうのは

しかたのないことかと。本当に主催されてる方たちには頭が下がります。

関西でとても大事なイベントになっていると思います^^

 

次は2017年4月1日開催とのこと。

 

また、ショーにも参加できるかな…予定を立てて頑張ってみたいです。

ありがとうございました。

10周年展開催中です。

  • 2016.06.11 Saturday
  • 02:58
開催日が長いのをいいことに、毎日少しずつ展示を改善しています。
少しでもよいかたちにしていきたい。
開催4日が過ぎました。
来てくれた方が楽しそうに声をかけてくださり、
また芳名帳としてご用意させていただいたカードも数が集まってきています。
「Sincerelyとしての10年」を評価していただけてるのなら嬉しいなあと思います。

でも、ずっとずっと思い描いていた展示なので毎日がとても幸せです。
「19世紀100年分のシルエットを、1年に10年分ずつ、
10年かけてパターンを引いて形にしていき、10年後にそれらを一堂に集めた展示をする」
夢のような計画だったのに、今ほんとに出来てるんだなあって。
きっとずっと忘れられないことでしょう。

あれこれと詳細など。

入り口入ってすぐには、活動略歴と今までに自分たちで開催したイベントのDMを並べています。
10年間でずいぶんとたくさんやったのだなあと改めて思ったり。
自分が「参加」しただけのイベントは一切入っていなくて、自分で企画して開催したものだけで
この量なのでした。…やりすぎ?^^;

今までに開催したイベントのDMは、ご自由にお持ち帰りいただくことが出来ます。
結構かわいく出来てると思うのです。うちのDM^^
「このイベントの後からは、送ってもらってるので持ってます」
「いただいたぶんはちゃんとファイリングして取ってありますよ」
って言っていただいたのがとても嬉しかった。

この写真は開催2日目のもの




ドレスはモチーフにした年代ごとに順を追って見ていただけるように、
順路に沿って並べています。
もとになった歴史ドレスのイメージがなんとなくでも分かるように、
集めていたアンティークのファッションプレートなどを「目次」のように一緒に並べました。
(「絵」として持っていない年代のものは、書籍の表紙を代用しています)



入ってすぐの正面に飾らせていただいた、
10周年記念でイラストレイターの皆さんにお願いした、
「Sincerelyのドレスを着た女の子」の原画と


それを使った、記念のスーベニール。
どれもとても素敵に仕上がったと思うので、おひとついかがでしょうか。




ドレスの製作の際に使用している、書籍資料。
(一部、モチーフにしている文学本や、19世紀の生活風俗に関する本もあります)
10年でこのぐらいというのは正直、研究資料としては全然少ないのですが。
研究が本業ではなくて実作メインなのでこれでも読みきれてなかったりします。
普通にAmazonで手に入る価格があまり高くない洋書が中心で、一部のものは中古で探したものです。
閲覧自由にさせていただいているので、
タイトルのメモを取る方や、ゆっくり腰を落ち着けて読んでいかれる方もいらして、
私が持ってるだけだった書籍がほかの方の何かのお役に立てたなら嬉しいです^^



一週間(6日間)もあった展示も、後二日を残すのみとなりました。
今までは平日でわりあいゆったりと対応させていただけましたが、
ギャラリーがレトロな建築の多い三条通に面していて実際にビルもレトロな風情のあるビルのため
観光客の方も多く見えるところなので、
土日はどうなるか、不安でもあり楽しみでもあります。

お目にかかれる方、お待ちしております^^

デザフェスありがとうございました

  • 2016.05.31 Tuesday
  • 09:48


 

2015年の秋の展示無事終了 感謝と御礼

  • 2015.11.26 Thursday
  • 14:54

(画像はデザインフェスタのSincerelyブース)

9月21日-9月30日「花の王冠」展(委託参加)
10月3日 アラモードマーケット
10月下旬 京都二人展「Bibliophilic」
11月22日 デザインフェスタ

今年のすべてのイベント日程は完了いたしました。
お越し下さった皆様、ありがとうございました。

事前に納期の非情振りをお伝えしておきましたにもかかわらず、
たくさんたくさんオーダーを頂戴しまして、納期期間は現在、1年2ヶ月を越えました…
おやさしさに涙が出ます。支えて下さって本当にありがとうございます。
今すぐ申し込んでいただいても、2017年2月製作になるというような状態です。
力不足でご迷惑をおかけいたします。
(体調しだいでは更に遅れる可能性もあるという…←現在もどうしようもなくて遅れてお待ちいただいてる方がいらっしゃいます;)
「ゆっくり待てます」という方でないととてもお受けすることが適いません。お許し下さい。
これ以上お待ちいただく期間が長くなると申し訳ないので、
年内いっぱいで受注の受付はしばらく停止させていただくこととします。
再開は今後の製作状況によりますが来年の7月ぐらいに出来たらいいなと思っています。

がんばってがんばって製作を続けておりますが、
現在お待ちいただいている方で、遅れてもう要らない…と思われる方がいらっしゃるようでしたら
ご遠慮なくお申し付け下さいませ(><)
せめて真摯に対応させていただきたいと思っております。


とりあえず、この秋に作ったものの写真だけでも並べていきますねー。
まずは「花の王冠」展より。
  
シノワドレス<シルエットアリス> ※一部在庫がありますので後日掲載いたします。


7号<夏イルゼ> ※在庫あります。後日掲載いたします。


1890デイドレス<メアリ>ストライプヨーク切替 ボタニカルジャガード
こちらは依頼品でした。
※販売済みですが、布を若干確保しましたので小数製作可能です。2色展開。オーダーページ製作予定。


10/3 アラモードマーケット



9号<冬イルゼ>天日干しコーデュロイ ダークチェリー
※販売済みですが、ご希望を多くいただいたので受注可能にします。後日オーダーページを公開します。


Mサイズ<ドールコートワンピースLx・ロング>グリーンストライプツイル
※販売済みですが、受注可能です。こちらはロングVerなので標準はもう10cmほど短いものを予定。オーダーページ製作予定。


 
(10月末 京都二人展「Bibliphilic」会場風景



1860デイドレス<ベス> グレーレジメン 7号 グリーンレジメン 9号
※現品は7号だけ在庫があります。オーダーページを製作します。


ケープつきシノワドレス(インバネスドレス)書棚柄ブルー 9号
※販売済み オーダーページを製作します。
袖なしインバネスもしくは和装で言うトンビ風に、ケープとセットで仕立ててみました。
ケープ単体でのご使用は難しいかと思います(ドレスの胸元にボタンで固定する形なので)
ウールなどで仕立てて、もっとインバネスらしくするのも面白いなーと考え中。
現状は裏地なし。


11号<長袖セシリー>書棚柄グレー
※在庫があるので後日カートに記載します。ほかに試作版の13号もあり。オーダーページも製作予定。


頁シノワドレス 11号
※現品は販売済み。こちらは柄部分だけ持込していただいてのおつくりという形を取らせていただこうかと考え中です。
今回「Bibliophilic」(”本好きの”)というテーマだったので、書籍そのものをイメージした作品を作ってみました。
ページをめくると別世界が広がる、そんなイメージで、
歩くたび座るごと裾がめくれて鮮やかな柄がひらめく、そんな動きのあるドレスです。


こちらは更に「書籍」のイメージを大事にした作品。
「文章」「文学」そのものをデザインとして使用できないかという試み。
あと初めてオリジナルプリントを使用してみました(笑
コトノハドレスという名前にしようかなあ、と思っています。
販売にはもう少しブラッシュアップが必要なので、もう少し整理して販売までもってゆきたいです。

文字は夏目漱石の「夢十夜」より。
「文章」をデザインに使用するに当たって当初はキャロルやシェイクスピアの英文から取ろうかとも考えたのですが、
英文だとダイレクトに文章として頭に入ってきにくいかなと感じたので、あえて日本文学にしてみました。
これも受注もありにしようかと思っています。
「この文章を入れて欲しい」というのも著作権さえクリアしていればお受けできるかな、と。



■2月で毎月の手づくり市の参加を終了して、今年一年ばたばたと活動してきましたが、
やはり関西で定期的にお気軽に試着していただける場所は必要だと強く感じています。
準備に手間取りそうなので来年後半からになるかと思いますが、
自宅の作業場を毎月固定の日にちで「ショップアトリエ」という形で1日公開しようかなあと考え中。
1軒家の2階(自室だ)
手づくり市を出していた梅小路公園から歩いて15分ぐらいの場所なので、
「ついで」においでいただくことが出来るように日取りを合わせて、毎月第一土曜日固定にしようかと。

もともとは今年の春から1階の客間を使って一人手づくり市みたいにしたいと予定していたのですが
父の調子が思わしくなくなり父が出入りする部屋だとお客様にご迷惑になるなあ、と一度は諦めたのです。
ですが、階段を上ってもらって私の部屋に入ってもらえば、父と動線もかぶらないしなんとかなるかなと。
なにせ作業場なのでだいぶ整理整頓しないといけませんが…家具なども買い足さないと;

一度きちんと改装さえしてしまえば、月に一度の定期公開以外でも、
事前にご予約さえいただければお越しいただくことも出来るかな、と思っております。
基本的に在宅仕事なので私自身の調整はわりあいしやすいですので。
開催日が決まりましたら、細かくご連絡させていただきます。
場所については個人宅になりますので、当分はメールで地図をお送りするかたちにさせていただく予定です。

■カートがいつのまにかすっかり使いにくくなってしまったので、
現在はとりあえず手動で、在庫のあるものだけ表示するようにしています。見事にすかすか…
イベント用に製作して通販在庫にまだ載せていないものは12月1日には載せられるようにしたいです。
来年になったらカートの場所は移動させる予定。今、どのサイトでやるかを物色中です。

■今年の新作のオーダーページが恐ろしいことに全く出来ていないままなので、
これも12月1日には更新できるようにしたいです…。すみません…

■また価格表示ですが、今年一年何度か雑誌に掲載していただいたり、外税表示の委託先にお願いするたび半端な数字に苦労したので、
来年からの価格は外税表示を基準にするべく微妙に調整する予定です。年内価格はそのままです。
ただでさえ年明けから価格をあげる予定をしていますのに、更に(微妙ですが)値上げになってしまうことが多いと思います。
申し訳ありません。

 

クリエイターズマーケットに行ってきました。

  • 2014.06.24 Tuesday
  • 12:25
年に2回開催される、名古屋のクリエイターズマーケット。
ハナヲさんがブースを取ってらして、Sincerelyの服も置いていただけるというお話をいただいたので、
今回はことにハナヲさんのお体の都合もあるしなーと、
少しでもお手伝い出来ればと、名古屋のクリエイターズマーケットに行ってきました。
(でもうちのスタッフのリカさんがいてくれたので、結局私はあんまり役には立たなかったんだけど)



ご注文いただいた皆様、ありがとうございましたv
結構直前まで、私のほうも身体の具合がぐずぐずしていて行けるかどうか迷っていたのですが、
行った甲斐がありましたv
うちの服をあれこれ気にかけて下さった方もありがとうございますv
無地のものは割合長期のスパンでオーダーを受け付けておりますので、
またゆっくりとご検討下さい。


保留にしていたネットからのオーダー受付ですが、
5月6月が結局あまり製作が思うように進まず、
(旅行とか行くから行けないんですが。3ヶ月ほど前には同行者と予定立てちゃってたもので…ほんとすみません…)
またクリマでお受けした分もありますので、
今現在で、11月製作分以降という形での受付になりそうです。
出来るだけ7/5より受け付けられるように、サイトのページなど作るつもりです。


キノコのシノワドレスのカラーヴァリエーション。クリマに持っていったものです。
現物は、朱赤11号、マスタード9号、濃紺13号となっています。
夏場に即納品としていくつか作り足せればとも思っているのですが、
こちらの製作ご希望はありますでしょうか…?手元の布在庫に余裕がないので、
色のご希望があるようなら早めに何着分か確保しておこうかと思っています。
(確定でなくて大丈夫です。こちらとしてもだいたいの目安が欲しいだけなので)

 
シャーリングエンパイアドレスの現品。
こちらはサイズがフリーになるので基本的には現品のみで対応させていただく予定ですが、
別に「布持込での受付」をさせていただこうかと思っています。
そちらでご用意いただいた布をこちらに送っていただいて作らせていただくというやり方です。
ギャザーをたっぷり寄せますので、ブロードやスケアプリントなどの薄手の平織りの生地が適しています。
110幅で、縦に布を使うもので総丈およそ124cmの場合(標準仕様)で4.2m。
(若干の柄合わせで大丈夫な場合。大柄をあわせる必要があるとそのぶん必要になります)
裾ボーダーの布などで、横使いの場合は4.5〜8m必要になります。
(両側に柄が来る布で、裾柄が各20cmを超える大柄のものは柄の出方がおかしくなるかもしれません)
ご不審な点はお問い合わせ下さい。
製作費と送料で、15000円にて承ります。
現品は、布代で値段が変わりますが、写真のものは緑のほうが18000円、茶色のほうが16000円です。



冬向けのベロア生地のシャーリングエンパイアドレス。
春の展示会でもサンプルを置かせていただいていたものです。
左側がパフスリーブの仕様のもの。えんじと、黒、紺、グリーンがご用意できます。
(他の色はお問い合わせ下さい)
こちらは標準丈(総丈およそ124cm)で16000円にて。


袖口のゴムのない仕様のもの。
エンパイアというよりはモガの雰囲気。
これは試作なので何もついていませんが、袖と裾周りに黒のレースを叩いて
作らせていただこうかなあと思っています。
ロマアラで現物がお見せできるといいのですが…
レースの仕様にもよりますが品代は20000円の予定でいます。

ベロアのシャーリングエンパイアドレス以外は近日中に現品をカートに載せる予定でいます。
よろしければまたご検討下さいませ。

※文章中の記載寸法に誤りがあったので、7/4訂正しています。

「秘密のお針箱」終了いたしました。

  • 2014.04.23 Wednesday
  • 11:41
おいで下さった皆様、ありがとうございました…!
前日ぐらいに新作が1点出来上がって、ずいぶんと気持ちが楽になり、
結局は、とても楽しく展示会を過ごすことが出来ました。
このぎりぎり綱渡り人生。



今回の会場は、広くて明るくて、地下鉄の駅からも近く、来てくださった方にとても好評でした。
また「限定ショップ」の形式の際には可能ならこちらをお願いしたいなーと二人で考えています^^
路面でショーウィンドウがあるので、なんだかお店を開いた気分でとても楽しかったですv
(イベントブログのほうに会場写真をもう少し載せています、そちらもどうぞ)

  

新作1840デイドレス<キャシー>については今回の現品は「試作サンプル」扱いとして、
もう少し量産に向けて微妙に型紙をいじろうと思っていますので、
正式に販売まではもうしばらくお待ち下さい。
お待ちいただいている受注の製作と平行して進めていきたいと思っています。

また、今回展示会用にご用意していた新しい品物は、<キャシー>を除いて
ほぼ完売した形になりましたので、
カートへ新しくUP出来る物はろくにありません;すみません;

5月は幸い出展が1箇所もありませんので、まずはひたすらに製作を頑張って、
受注製作の傍ら、出来れば即売の品物も少し増やしたいと思っています。
主に、シノワドレスとか、シャーリングエンパイアドレスとか夏物ですね。

WEBのほうの新作ページの更新は…6月ぐらいまでお待ちいただく必要があるかもです。
なにぶん、「量産用の写真」と品物が全くない状態なので。すみません(><)
よかったら、イベントブログの写真もご確認いただいて、気になるものをリクエストして下さい。
反応がある品のほうが作業がはかどるのは間違いないのです。

現在、受注の製作予定が9月製作分まで埋まった状態になっております。
もう今年の夏に着ていただくものは難しいのですが、
WEBからの受注がそういうわけでタイミングが微妙です(汗
少しでも前倒しに出来ないかどうか、5月6月でやってみますが、
次の受注受付予定は、7/12のロマアラの前になるか後になるか、という感じです。
ロマアラの後になると、ロマアラで受注が入ればさらに製作時期が遅れるので、
出来ればせめてロマアラ前に、とは思っているのですが…。

ロマアラも、またショーに参加したいなーと思っているので、
そちらの製作にどのぐらい時間がかかるかもまだ読めないのでした;


ただ「受注製作」というのは本来はこういうものなのかもなあ、と
今更ながらぼんやり思っております。
ハイブランドのショーなども、一年近く先のものをやりますものね…
春先に秋物の見本を揃えてご注文をお受けする、
そんな形に移行する時期に来ているのかもしれません。

7月までの間に受注のご希望がある方は、
梅小路公園の手づくり市、
6月22日に名古屋のクリエイターズマーケットに
ハナヲさんが出展されるのに委託をお願いするのですが、
まだ少し予定が微妙ですが、
出来ればヨシノ本人も伺いたいと思っているので、そこで直接でしたらご相談可能です。


後、6月頃にちょっと考えていることがあります。うまくいくかどうかがまだまったく不明なので、
ご報告できるようになればまたお知らせしたいと思います。


準備期間は何かとても気持ちが苦しかったけど、
終わって見れば、会場の雰囲気そのままに明るくて気持ちのよい展示会でした。

おいで下さった皆様がわざわざ時間を使って来てくださった分、
楽しんでいただけたならいいな、と思います。
去年の春の展示以降、ずいぶんとみっともない状況が続いていたので、
いっそもう辞めたほうがましでは…とか、相当ぐるんぐるんしたのですが、
これで少し、トンネルを抜けることが出来たような気がします。
ご迷惑もおかけしたことと思いますが、
お付き合い下さった皆様、本当にありがとうございました。

11/15・16 「Sincerely & moon afternoon 2013AW 2days only Limited Shop

  • 2013.11.17 Sunday
  • 09:33
秋の展示会、終了いたしました。

…前からブログで弱音はいていたとおり、
結局ろくに、新しいものが揃えられなかったのですが(><)
見ていただくだけでも少しでも目新しいものを、と、
夏の2つのファッションショーで出した、
DMで使用しました、in the Mistのセットアップと、
西部ヴィクトリアンをイメージしたバッスルドレス1点をメインに
設営をいたしました。
いずれも試作品、非売品の状態での展示になってしまったのですが、
それでも何人もの方に試着をしていただいて、
正式版に向けての改善予定などもお話させていただき、
ヨシノとしては大変有意義に過ごさせていただきました。

 


miyacoさんからもらった準備中の会場内写真ー。
(報告用に撮った写真をぼんやりしていてメモリから削除してしまいました。
どなたか会場内の写真を撮った方、いらっしゃいましたら写真を分けていただけると嬉しいです…)


大変に申し訳なくて、いろいろ覚悟していたのですが、
それでも実はびっくりするほどたくさんの受注をいただいて、
(納期などもずいぶんとひどいことを申し上げたのですが)
とてもとてもありがたく、
「よろよろでも頑張って作り続けよう…」と思ったことでした。

ちょっとまだ本調子とは言えないのもあり、またいつがたがたと崩れるか不安なのもありまして、
以前も申し上げたかと思いますが、
今後しばらくは、1ヶ月の受注製作数をかなりセーブさせていただく予定をしております。
それで、今回の展示会受注分を計算しますと、
もはや4月納期分まで、まるまる埋まった計算になっております…。

ネットで受注していただいている方には大変ご迷惑をおかけしますが、
もうしばらくネットからの受注はお待ちいただくことになりそうです。
(無理に入れても、おそらくいたずらにご迷惑をおかけするだけかと(><)
とりあえず、この後のネット受注は最短で2月下旬からの受付になります。
それまでに、もう少し納期の間隔を縮めて置けるとよいのですが。
そしてその間に、もうちょっとサイトの整備を進められるようにしたいです。

それまでの間は、京都梅小路公園の手づくり市(12/7・2/1で直接おいでいただいた方に限って、
受注をお受けさせていただきます。(それも納期は5月とかですけども…)

現在、来年からの体制を思案しております。
基本的に、春秋に京都で2〜3日間使って合同展を行う、というのは続けていく予定ですし、
その前後にアラモードマーケットさんなどで東京にも伺います。
そこでいつも受注が集中することになりますので、

4月東西イベント直接受付、

7月〜8月WEB受注受付

10月東西イベント直接受付、

1月〜2月WEB受注受付

そして別枠で、月1度の手づくり市、イレギュラーなイベントでの直接受付、

といった形が一番よいのではないかと、思っております。

2年ほど前までは、受注いただく件数も少なくて、のんびりとWEBを開けたままお待ちできたのですが、
少しずつ認めていただけて、お仕事頂戴していくうちに、
今までの体制ではパンクしてしまう、ということになってしまいました。
この形で、一度来年は進めさせていただこうと思います。
その代わりに、調子次第ではありますが、カートでの即納品がもう少し出せるように頑張ります。

11月末ぐらいには一度、アンケートのページを作って、
そこで、再販希望のものや、サイズごとの製作希望点数の調査などさせていただきたいと
思っておりますので、その際は是非、ご協力いただければ幸いです。
 

アラモードマーケットありがとうございました。そしてSteamGardenのこと。

  • 2013.10.08 Tuesday
  • 16:12


アラモードマーケット参加してまいりました。
ありがとうございました!
ずいぶんと情けないこと言っていましたが、
それでも何人もの方が、ご試着いただいたり、お買い上げいただいたりして下さって、
ほんと頑張って行って良かったです(><)


写真は、7月末の「SteamGarden」さんでのファッションショーで、
モデルさんに着ていただいたドレスです。 
モデルさんに合わせて作ったので、身幅9号で、丈は11号サイズになっています。

何人かご質問いただいたのですが、そのものの販売はしておりません。
使用した布地は1着分余分に確保しているのですが、
既にお話いただいてる方がいらっしゃるのでそちらの方が優先になります。

同じデザインのものを、よい布が見つかったらまた作って見たいとは思うのですが、
このデザインになるとさすがに、「衣装」としてしか着られないと思いますし、
数を作れない分も含め単価もかなり割高になるかな、と。
布地にもよりますが、4〜5万程度になりそうな気がします。
興味のある方いらっしゃいますか…?


ちなみに【Steam Garden】さんでのファッションショーのお写真はこちら。
イベントのカメラマンの方が撮られたもの。

Facebookになるので見られない方もいらっしゃるかと思いますが、
後半あたりに、ショーの様子が写っています^^
以前の「アリス」のときに作った赤の女王のドレスと、
黒のアラベスクのメアリと、Sincerelyからは3着出させていただきました。
素敵なモデルさんに着ていただいて素敵な演出をしていただいて、
本当に幸せな時間でした。
思い出してもうっとりします。

https://www.facebook.com/taro.irei/media_set?set=a.10151707458522508.1073741831.709432507&type=1

「Fairy Tale」終了いたしました。

  • 2013.05.22 Wednesday
  • 20:57
  ・・・春の展示が終わり、ようようほっとしております。



 

 

東京展での新型。エンパイアドレス2型。
五分袖のほうは京都ではパフスリーブで出していたタイプです。
五分袖にするとぐっと古風な印象になりました^^
むしろロココの衣装に近いような。
(私の中で、「古風」というと18世紀〜19世紀前半になります…19世紀後半以降は、
私の中では「今」の感覚wずれてるずれてる)

シャーリングのエンパイアドレスはフリーサイズで、7号の方から13号の私まで着られますw
着ていただくととても綺麗にラインが出ますよ。
(ストライプのものは1点もの(正確には私の私物と2点限定)で完売しています。ご了承下さい。もうひとつは無地に見えますが淡くて細い茶色と白のストライプ生地です)
二つとも、これから色柄を変えてあれこれ作ってみたいお気に入りのパターンが出来ました^^


新しい品物のカートへの更新は、6/1の梅小路公園手づくり市終了後とさせていただく予定です。
それまでにもうちょっと作れるといいな…。


ネットからの受注は前から申し上げているとおり、6月末再開予定です。


受注いただいた方、最優先で頑張りますので、完成までもう少しお待ち下さいね。
ご注文いただくからこそ、Sincerelyを続けていくことが出来るので、
ほんとうにありがたいことだと思っております。
でも、ご迷惑をお掛けしないように頑張らないと…。


6/30の名古屋のクリエイターズマーケットですが、
moon afternoonさんのブースに服だけお預けする形で当初考えていたのですが、
出来れば私も売り子でお邪魔しようかと思っています。
京都展ではおなじみのうちの組み立て式の更衣室も持っていきますので、
どうせなのでいっぱい試着していただけるといいな、と思います。


あと、京都展、高尾展含め、今回の展示会、どうも私、大変にいっぱいいっぱいだったようで、
お話した内容の記憶が大変あいまいになっていることに気づきました…。
次のリクエストなど下さった方、いらっしゃると思います。
(たぶん、6/1の手づくり市で、とお約束した方もいらっしゃるはずですし、
秋の展示会でお見せできるようにしておきますね、とかそれはもういろいろ)
あの、大変申し訳ないのですが、リクエスト内容を文章に残る形で、
私のほうまで再度教えていただけないでしょうか…?拍手とかメールフォームとか使って下さい。
このままではすっかり忘れて、悪気なくぶちぎってしまう可能性が高いです。
正式にご注文いただいた品は、受注書に仕様を書き込んでいますので大丈夫です。






(ぐるんぐるんのこと)

ツイッターのほうでほんの少し言ってましたが、
今回は、年明けからあまり体調のほうがよろしくなくて、
思うように作業がぜんぜん進まず、受注の方にも遅れ遅れでご迷惑をかけて、
展示会をどうしよう間に合わないどうしようとずっとぐるんぐるんしておりました…。

「用意したかったこと」と「用意できたこと」のギャップの大きさにそれはもう打ちのめされて、
自分が情けなくて、
あまりの自分の駄目ぶりに、おいでいただく方にがっかりされるのが怖くなって、
途中からは告知活動まで出来なくなってしまったという体たらく。
マイナスな気持ちを外に出すのも怖くて、ツイッターを書いては消ししたりして、
音信不通に近い状態になっていたかと思います。


自分ひとりで企画したイベントじゃないので、
そうやって私が止まってしまうとハナヲさんにもダイレクトに迷惑がかかるわけで、
だからもう、主催で一緒にやってもらうのは今後やめたほうがいいんじゃないかとか、
今後は他の方の主催の一参加者としてだけ参加していくほうが身の丈に合うんじゃないかとか、
いっぱい考えて、悩んで悩んで、京都展の当日朝の準備のときに相談していたのですが、


なぜか今回、おいで下さった方が、
私たちの話してるのを聞いていたの!?というぐらい、皆様、
にこにこと「次は秋ですよね、楽しみにしています」と言って下さって、
それがとても嬉しくて、思わずハナヲさんと顔を見合わせたりして、
それで、じゃあ全部いちどきになしにしてしまうのではなく、
もう少しやり方と気持ちの持ちようを考えて、
詰めすぎて破裂してしまわないよう一息入れれるようにしてがんばろうかな、と思えたのでした。
(具体的には、テーマを絞った作品展は、1年〜1年半に1度にして準備期間をもっとゆっくり取り、
定期的には「合同期間限定ショップ」というもうちょっと緩やかな販売&受注メインのかたちで進めていこうか、
という話。この秋はその形で進める予定です。テーマ展はたぶん次は来年秋になりそう)

イベントブログのほうでハナヲさんが書いて下さっていますが、
高尾のほうは、そういった事情に加えて
もう少しいろんな要素が重なり、今回で一旦、最後となります。
今まで本当にありがとうございました。
関東ではもともとアラモードマーケットさんにお世話になっていたので、
そちらのほうで秋はお目にかかる形になるかと思います。

今回はだから、
おいで下さった方が果たして時間を作って見に来てくださった分楽しんでいただけたんだろうかと、
本当に怖くて、
でも、どちらの会場でも、
皆様笑顔で接して下さって、ご注文もむしろいつもよりたくさん頂戴したぐらいなので、
そして私自身の手ごたえも決して嫌なものではなくて、
・・・どうでしょう、そこまでひどくなかったと、思ってもいいのでしょうか・・・?


こんなこと書いてしまっていいものかと悩みながら。
でも言っておいたほうがよいような気もして、だらだらとしたためてみました。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Twitter


ツイログ

http://twilog.org/yosinop/nomen

こちらは、Twitterでのヨシノの発言ツイートだけを
抜き出したまとめログになります。
他の方の引用などが外れているので読みやすいです。


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Costume in Detail: 1730-1930
Costume in Detail: 1730-1930 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bradfield
1730-1930年までのドレスの手書きによるスケッチ集。ドレスの裏側まで細部に渡って細かく、サイズとメモ書き付で丹念に描かれています。ドレスのの多さと情報量に圧倒されます。

recommend

Nineteenth-Century fashion in Detail
Nineteenth-Century fashion in Detail (JUGEMレビュー »)
Lucy Johnston
19世紀ファッションの現存するドレスのディテール部分に焦点を絞って掲載された写真集です。全身が載っていないドレスも多数ありますが、細かい襞や合わせ等が非常によく観察できます。

recommend

The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors)
The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris,Mare Yaroscak
上記のコレクターによるドレス集成の子供服版。可愛くて繊細なドレスがたくさん写真で載っています。

recommend

Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors)
Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris
コレクターが集めたアンティーク・ヴィンテージドレス集。
何より実際に現代の女性が当時のドレスを着た写真がたくさん載っているので、大変興味深いです。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1860〜1914までのシーンごとのドレスが紹介されています。「お茶会」「舞踏会」から「乗馬」「舟遊び」「海水浴」等等…時代の風俗を垣間見るのにも良いかと思いますv

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1880年代の洋服屋のカタログ。モノクロですが、殆どが正面とバックスタイルの2枚で紹介されているため、資料としては非常に見やすくなっています。セットアップ、コート、ドレスと紹介されている種類も豊富。子供服も有る程度充実しています。

recommend

Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886
Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886 (JUGEMレビュー »)
Florence Leniston
1886年のオールカラーのファッションプレート集。1886年なので、袖山が小さいバッスルスタイルのドレスばかりです。

recommend

Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book
Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book (JUGEMレビュー »)
Stella Blum
1837-69年、クリノリン全盛期のファッションプレートを中心に、一部小物もアイテム別で紹介。個人的にリボンの飾り襞の作成方法が嬉しい。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

マイフェアレディの時代、エドワーディアンのドレスの絵がたくさん掲載されています。ブラウス、スカート、コート、下着、帽子とアイテム別。

recommend

American Dress Pattern Catalog, 1873-1909
American Dress Pattern Catalog, 1873-1909 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bryk
ヴィクトリア時代のアメリカの婦人服と子供服のパターン屋さんのカタログ。
小さい絵ですがとにかく大量のシルエットが見られます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM