2015年。

  • 2015.01.08 Thursday
  • 10:13
新年明けましておめでとうございます。

今年はSincerelyを始めて10年目の年となります。
2016年に10周年を迎えて、
そのときはトルソーをいっぱい借りて10年間で作ったドレスを年代ごとに並べる大きめの個展をしましょう、
と立上げ当初より計画し、それを基に10年間の活動計画を立ててきました。
今年は一年かけて2016年の飛躍への準備をしたい、というのが目標です。

昨年末からずっと、これからもSincerelyがSincerelyらしく作り続けていくためにはどうすればいいのか、を考えてきました。
あなたが着て、あなたが一番綺麗に見えるラインを、きめ細かいサイズ展開とお直しで。
19世紀100年のドレスシルエット、装飾ディテールをもっと細やかに拾い直して。
もっとよい生地で、よい仕立てを。
全てが「効率優先」「経費削減」とは真逆の方向性で、
だからこそどんどんと追い詰められてきていたわけですが、
もう無理だごめんなさいと投げ出してしまう前に、もっとあがいてみようと思いました。

年末に、価格改定などだいぶごちゃごちゃとしておりましたが、
今年のサイト記載の価格については既に年始より改定済みになっております。
来年までに更に25%全体に価格帯を上げるという計画も進行させます。
だいたい5月ぐらいまでには値札を先に改定してそこから20%オフという形での販売体制に移行したいな、と。
(デザインフェスタがたぶん一番新規のお客様の目に触れる機会だと思いますのでそれまでに)

ここ何年か、展示会に合わせてぎりぎりで新作は作れても、
そこから販売体制に持っていくことがなかなか出来ずに、
写真や試作品を見てお待ちくださってる方をがっかりさせるような状態が続いていました。
このままではいけないと思いつつも、どうしようもなくて追い詰められる日々が続き。

おかしいなあ、おかしいなあ自分が駄目なだけだよなあもっと頑張らないとなあ、と思っていたけど、
どうやらそれだけじゃなかったのでした。
要するに新作の研究開発にかかる費用と時間を計算出来てなかった(プライベートの範疇で考えていた)
プライベート扱いにせよ経費扱いにせよ、
どちらにせよ私の手元に生じるお金は、全て、Sincerelyで服を買っていただいたお金なので、
イギリスにドレスを見に行くとか、講演会に行くとか、美術展に行くとか、資料を買うとか、
全部そこから出すしかないのであーもうこれは同じことだな、と。
研究を続けることをやめてしまえば、それはたぶんSincerelyが存在する意味がなくなるということだろう、と思いますし。

新作を試行錯誤しながら開発展開している時間はそのまま収入の途絶える時間なので、
余裕がないとどうしても既存のパターンの販売物を作るほうを優先せざるを得ず、
それでどうしても新しいものが全然受注体制に載せられないという状態にここ数年陥っていました。

25%価格を上げると、今まで5着作らないといけないところが4着で済む計算になるので、
そのあまった1着分の製作時間を開発に回すことが可能になるのでは…という割とざっくりとした計算です。
一度に上げる形になるので、心苦しくはあるのですが、
Sincerelyの未来に投資していただくつもりで、お許しいただきたいと思っております。


また、それとは別に、去年の秋ごろに立て続けに、百貨店系の催事のお誘いをお断りせざるを得ないことがあり、
販売経費についても深く考えさせられることがありました。
(百貨店系は販売手数料負担が大きい、というのが最大のネックで、
余裕のない現状では「売れたらその時点で自転車操業が破綻して潰れる」ような状態だったので到底やむを得ず…
どちらも大変お世話になってる方にご好意で言っていただいたお話だったので、悔しかったし申し訳なかったです)
来年あたりからは直販の形態も少し変えざるを得ないかなとも考えていますし、
現在お預けしている、AmanojaKuさんと匣ノ匣さんにも、
今のままの価格だと本格的にお預けすることはちょっと厳しい状態なので、
今後継続していくためにも価格の改定は避けられなかったと判断しております。

基本的に年明け2016年よりの価格上昇を予定はしておりますが、
おそらく委託分については、秋ごろより先行して上げさせていただく形になるかと思います。
もし他よりのお誘いが入るようでしたらそちらも、値上げ後の価格での参加になろうかと思います。
2重のややこしい価格形態になりそうで今からご迷惑をおかけするのが心配ですが、
まずはSincerelyが今後も存続していけること、を第一義に頑張ります。

どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

                                        2015.1 Sincerely ヨシノ
 

心情をまたうだうだと。

  • 2013.05.25 Saturday
  • 13:27
(これがTOPにずっとあるのはあまりにもみっともないと思ったので、
1日だけ公開したあと、1ヶ月ほど隠していました。もうTOPじゃないので再公開)



 情けなくもだらしない告白をした途端に気持ちが楽になって、
展示会でいただいたご注文の品をこつこつ作っている私です。


「身体の具合がいまいち」とか「もう駄目だ」とか言うのは、
自分が楽になる分、
気を使ってくださる周りの方の負担になってしまうので、
よくないと分かってはいるのですが、

この根性のない身体しか持ち合わせていない私は、
身動きが取れなくなって早晩に潰れるよりは、
みっともなくても申し訳なくてもお許しいただきながら、
よろよろと作らせてもらうことしかたぶん無理だなあ、と思います。

きちんとカッコよく綺麗に活動するには私はずいぶんと力不足で、
かといって、
「ちゃんとできないなら潔く辞めてしまったほうがいい」と
思うことも出来ないのです。
結局、ものを作る自分にしか価値を見出しえない。

あ、でもそんなわけで私は本当には無理をしないので、
そこまでのご心配は無用です。
潰れるより先に、泣き言を言ってしまうので。


細く長く続けていくことを目指していて、
なんとか70までこの仕事を続けるのが目標です。
長く作り続けるためには動きしろを用意しておかないといけなくて、
今後の合同展の展開は後ろ向きな理由だけでなく、
そのための調整という要素も存在します。

じりじりとこつこつと、みっともなくても投げ出さずに、
範囲を広げ、展開を広げ、作り続けて生きていきたいです。
呆れられても当然で仕方ない、と思っていますが、
それでもしょうがないから作ったらいいよ、と思って下さる方のために作れたらいいなとも思います。

「洋服が好きです」

  • 2012.05.17 Thursday
  • 11:05
 mixiのプロフィールなんかで、私はずっと、

「洋服が好きです」

と書いているのだけど、
その好きは、お気に入りのブランドがあって集めていたりとか、
服の流行に詳しいとか言うのとは全く違っていて、
私が好きなのは、

「構造体としての洋服」なのです。


だから、今はもうない素敵なブランドのお話を振っていただいても、
何年か前はこんなデザインが流行していましたよね、とか言っていただいても、
いつも、うまくお答えすることができなくて申し訳ないのだけど
(わりとよくある・・・つい最近も…本当に申し訳ないことです)
その代わりに、中世の袖と胴着の繋ぎについて、とか、
パフ袖の分量の違いによる見た目と着心地の変化とか、
そんな話だったら、まだ知識的にたいして詳しいわけではないけれども、
それでも熱く考察していくらでも語れるような気がします(笑)

洋服の、
人間工学的な制約と、そこから生まれた必然の美しさ、
必然がやがて装飾へと変化していく一連の歴史的な流れ、
洋服の付属する本体(人間)が「常に成長し変化する存在」であることから来るディテール、
布の厚みによるパターンの変動、
布のねじれと、力のベクトルのかかり方、
そんなものを考えるのが、たまらなく好きです。
そしてこれはやっぱり、洋服独特の特性だと思います。
和服にはない、そして他の構造体にもない。

洋服が、好きです。

展示会についての覚書。

  • 2010.06.18 Friday
  • 15:20
…いつか「乙女論」というのをテーマにして展示をやってみたいと思いました。
割合に身の回りで良く聞く言葉なのにも関わらず、
「乙女」という言葉から連想されるイメージ、言葉の規定というのは
どうやらあまりにも各人各様で、
それなら私にとっての「乙女」っていったいどういうものだろう?と考え出したのが切欠です。
「少女」という言葉は良く使っているのですが、そういえば「乙女」って私はあまり使ったことないなあ…と。


ぼんやりとしたイメージですが、
私の中では、「少女」はあんまり和の匂いがしないけど、
「乙女」と言われると、日本の要素が強い。
それは和装洋装には関係なく。
そして、「少女」はそうでもないけど
「乙女」は「文学」と絶対に切り離せない気がする…。
私にとって「乙女」は「本を読む女」…なのかな。

それは多分に、戦前戦後の女学生向けの少女雑誌に影響されているからだけど、
そもそもが今流通している「乙女」という概念自体、
あれらの雑誌から打ち出されたもののような気が私にはするからなあ。
言葉自体は勿論、古来からある言葉なんだろうけど。

あと、必ず、横顔だ。これは「少女」も「乙女」も共通。
乙女は目を落としていて、少女はまっすぐ前を見つめていて、
そしていずれも見ているのは私ではない。そんな感じ。
「少女」ははっきりと世界に対峙し、
「乙女」は世界を諦念を込めて受け入れつつ何かを探っている…ような?


(あまり言葉をいじるのが得手ではないので、上手に理論構築が出来ません。
言葉ってなんか大事なところをすり抜けるよね…。
かすめていく感じがむずがゆくもどかしい。
だいたい言葉で全てが表せるなら、ものなんか作ってないよ!と変なところでキレる)


いつも展示のテーマはその年に作りながら煮詰めていくので、
手が遅いし、そもそも考えも足りないことはなはだしいから、
展示会のときはまだ概念だけが先走ってたり、
取り留めなさ過ぎて詰め切れなくて中途半端だったり、
変に紋切り型だったりするのだけど、
それでも、何か自分なりの欠片みたいなものが作れれば、
そしてそれを年々積み重ねていければ、
それはそれで意味があるんじゃないか、と思ってやってます。

来年は既に違うテーマなので、
(来年は、何が何でもバッスルの時代をやります。
今年のアリスからちょっとずつ混ぜていくつもり…。
バッスルはすごい勢いでボリュームが移り変わったので、
どの時期に焦点絞るかはまだ未定ですが、
前期と後期の葉境のプリンセスライン(これ自体はバッスルじゃないですが)のそのすぐ後ぐらいが一番好きかな…)
「乙女論」はその後かなー。先は長い。

でも借りたい町屋のギャラリーがあるので頑張りたいです。
その折には、おざぶ引いて、座ってお出迎えいたします(笑



季節はいつの間にか梅雨に入り、例によって体調が負けまくっているので、
更新とかまた全く出来てなくてすみません。
いつも、私が特に雨が降ったり気圧が低いのに弱いのか、
それとも皆さん私と同じぐらいしんどいけど頑張って暮らしてらっしゃるだけで、
単に私が格段に根性がない文句言いなのか、どっちなんだろうと思います。
霧のロンドン、はたして体力がもつんだろか・・・。
でも長年憧れのV&Aミュージアムとテートブリテンを心の支えに頑張ります。

MY野望。

  • 2009.03.16 Monday
  • 13:53
以前よりずっと胸に秘めている野望があって、
それは、「1820年代」「1890年代」と十年ごとの区切りで19世紀を区切って、
毎年1つずつその時代のパターンを製作していって、
十年掛けて19世紀を全制覇すると言うものです。

この1月に三周年を迎えていて、今年は四年目。
一応、
「1890年代」
「1860年代」と曲がりなりにも歩みを進め、
今年は「1820年代」なのですが・・・。

そうやって自分なりにシルエットの勉強をしながら、
ファッションの流れを見ていてしみじみと思うのは、
19世紀の時間の流れは明らかに均等ではない、ということです。
エンパイアシルエットは18世紀の終わりに流行が始まるのですが、
1800-1820年代にかけて、ずっと緩やかに変化しながらも一つの型を保っていました。
そして1820年代の終わりからウェストラインが胸位置から下がり始め、
1830年代-40年代は、「ロマンスタイル」と呼ばれる、少しハイウェスト気味のウェスト位置で、なで肩、ふんわりした軽い生地で膨らむスカート、
という、エンパイアの時代とクリノリンの時代のちょうど過渡期の
デザインが主流になっていきます。
このへんは割合ゆっくりとした変化で(勿論、ひとつひとつのドレスに特徴があるので、幅はありつつも)
40年代と60年代は、それほど大きなラインの変化はないように今のところ思えます。
多分この辺の変化で一番大きいのは、シルエット上は見えてこない「下着」
クリノリンの登場ではないでしょうか。

Sincerelyは、学術的なそのままのドレスの再現を目指しているわけではなく、
あくまでも「今」着れるお洋服が作りたいので、
(裳裾を引き摺るデザインは、今は現実的ではない、とか
半径2M以内に他の人が近づけないドレスはナシだろう、とか
まぁそういうレベルですが(笑 )
下着による違いや、スカートのボリュームの変化程度では、
さほど違いを出せないような気がするなあ・・・
とこのところ思ってみています。

これが、クリノリンが廃れてバッスルが登場する、70年代以降になると、
後半に行くごとにシルエットは激しく移り変わっていき、
10年単位ではおっつかないスピードではっきりと流行が動くのですね。
おそらくこれは、写真技術の進歩で情報の共有が容易くなったこと、
何より、
印刷技術の進歩でファッション雑誌が庶民にも手の届くものになったこと、
と大きく関係していると思われます。
私の感覚では、1890年代は3年単位ではっきりと違う。

十年掛けて19世紀のシルエット制覇、は守りつつも、
10年ごとの展開に固執するのはやめるべきかなあ、と思うようになってきました。
まぁどちらにせよ、自分の中だけでの決め事なのですが。

10年経ったら19世紀の全部のシルエットを一堂に会しての
展示会なり、ファッションショーなりをやってみたいものです。

でもまずは何よりも十年なんとか「Sincerely」を続けること、ですね。
趣味のつもりでやってるわけでは既にないので、
気に入って着て下さる方がいらして初めて、成立する夢です。
こだわりながらも独りよがりにならないようにしないと。
でも、同じ夢を見てくださる方がいらしたら、
そして私がこんな夢を呟き続けられたなら、いいなぁー・・・。

あ、いずれ、19世紀を飛び出して、その前のロココ様式、
逆に20世紀初頭のエドワーディアンも手を出したいとは思っています。
もっともロココ時代については、
ローブ・アラ・フランセーズはあまり興味がないので、
ローブ・アラ・ラングレーズがメインになると思いますが・・・
(あくまでも好みがフランスよりもイギリス志向らしい)
まぁでも欲張らずに、一歩ずつ。ですね(笑

とりあえず今年は1800-1820年代のエンパイアスタイル。
来年は今のところは1830-50年代の予定です。(ロマンスタイル-クリノリン前期)
去年の「若草物語」ではなんだか全然作り足りていないので、
もっとああいう、
ウエストラインで絞り、スカートのボリュームを出した、
なで肩中心のデザインを追求していきたいなぁ・・・と思っています。
実のところ何を置いても「ジェーン・エア」をちゃんとやりたいのです!
シンプルで質素ででも美しい、あの大好きなデザインを追求したいー。
いつも思うことだけど、
私は断然、貴族ファッションよりも中流階級派なんです(笑

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Twitter


ツイログ

http://twilog.org/yosinop/nomen

こちらは、Twitterでのヨシノの発言ツイートだけを
抜き出したまとめログになります。
他の方の引用などが外れているので読みやすいです。


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Costume in Detail: 1730-1930
Costume in Detail: 1730-1930 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bradfield
1730-1930年までのドレスの手書きによるスケッチ集。ドレスの裏側まで細部に渡って細かく、サイズとメモ書き付で丹念に描かれています。ドレスのの多さと情報量に圧倒されます。

recommend

Nineteenth-Century fashion in Detail
Nineteenth-Century fashion in Detail (JUGEMレビュー »)
Lucy Johnston
19世紀ファッションの現存するドレスのディテール部分に焦点を絞って掲載された写真集です。全身が載っていないドレスも多数ありますが、細かい襞や合わせ等が非常によく観察できます。

recommend

The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors)
The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris,Mare Yaroscak
上記のコレクターによるドレス集成の子供服版。可愛くて繊細なドレスがたくさん写真で載っています。

recommend

Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors)
Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris
コレクターが集めたアンティーク・ヴィンテージドレス集。
何より実際に現代の女性が当時のドレスを着た写真がたくさん載っているので、大変興味深いです。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1860〜1914までのシーンごとのドレスが紹介されています。「お茶会」「舞踏会」から「乗馬」「舟遊び」「海水浴」等等…時代の風俗を垣間見るのにも良いかと思いますv

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1880年代の洋服屋のカタログ。モノクロですが、殆どが正面とバックスタイルの2枚で紹介されているため、資料としては非常に見やすくなっています。セットアップ、コート、ドレスと紹介されている種類も豊富。子供服も有る程度充実しています。

recommend

Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886
Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886 (JUGEMレビュー »)
Florence Leniston
1886年のオールカラーのファッションプレート集。1886年なので、袖山が小さいバッスルスタイルのドレスばかりです。

recommend

Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book
Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book (JUGEMレビュー »)
Stella Blum
1837-69年、クリノリン全盛期のファッションプレートを中心に、一部小物もアイテム別で紹介。個人的にリボンの飾り襞の作成方法が嬉しい。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

マイフェアレディの時代、エドワーディアンのドレスの絵がたくさん掲載されています。ブラウス、スカート、コート、下着、帽子とアイテム別。

recommend

American Dress Pattern Catalog, 1873-1909
American Dress Pattern Catalog, 1873-1909 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bryk
ヴィクトリア時代のアメリカの婦人服と子供服のパターン屋さんのカタログ。
小さい絵ですがとにかく大量のシルエットが見られます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM