まことに申し訳ございません

  • 2017.09.03 Sunday
  • 14:21

…この夏、皆様におかれましてはいかがお過ごしでいらしたでしょうか。

 

…実は私、ずっとデザフェス以降、夏の間体調を崩した状態が続いていて、
どうしてもうまく製作が出来ない状態でおりまして;
受注分が申し訳ないことにまるきり間に合っておらず、
このままイベント分の新作製作と併走することが不可能な事態になってしまいました…

 

もともと春先もずっと調子が悪くてだましだまし作業してはいたのですが、
今年の夏はほんとうにひどかったです…
(ご報告しておきますと、お医者にも相談しあれこれ検査などもしていただいたのですが、
年相応にあちこちガタはきているものの結局これという原因の特定もならず、
体質改善として漢方を処方していただくという今までと特に変わりばえのしない状態なのでした)

 

どう考えてもこのままでは崩壊するだけだということで、
受注の製作分を最優先として、本年度後半のイベント参加を見直すことにいたしました。

以前から告知しておりましたので、予定に入れてくださっていた方には大変申し訳ないのですが、
どうぞどうぞ曲げてお許しください。

 

10月のロマンチックアラモード、
11月のデザインフェスタについては参加を見合わせようと現在考えております。

 

ロマアラのファッションショーについては
moon afternoonのハナヲさんにお任せする形となります。
(Sincerelyの作品は、再販予定のある既存のものを出します)

 

9月末の福岡の合同展につきましては、
九州の方にぜひ一度Sincerelyの服を試着していただきたいという気持ちが大きいので、
今現在ある在庫だけお持ちするかたちになる可能性が高いですが、
参加させていただく予定をしております。
楽しみにしてますとお声掛け下さった方にはほんとうに申し訳ないのですが、
せめてデイドレス<メアリ>とシノワドレスの各サイズの試着だけは出来るようにしたいと思っております。
お好みの品のご用意はないかもしれませんが;
よかったら是非、遊びにいらして下さいまし。

このような事情もあり、告知が中途半端になったままで申し訳ありませんでした;
このブログの最後にDMの紙面を載せておきますのでご確認下さいませ。

 

12月の京都展もどこまで出来るかは不明ですが、
地元でもあり、精一杯の出来る範囲で出展しようと考えております。

 

 

ほんとうに申し訳ございません……
遅れ遅れになっております受注分についてはまた改めてメールにてご連絡差し上げます。
遅延の場合はキャンセルしたい、というお申し出も謹んでお受けいたしますが、
出来ることでしたらこのまま作らせていただくのをお許しいただければと思っております。

 

自分の体のことながら全く思うように任せず、
またぎりぎりまで何とかできないかとさんざん悩み続けていたため、
変更の告知が遅くなりましたことも合わせてお詫び申し上げます。

 

5/12-14「秘密のお針箱4」在庫一覧

  • 2017.05.11 Thursday
  • 14:50

会場に何を持っていくかのお知らせです。

 

1880sアフタヌーンドレス<ローズ>

モーヴレジメン 新柄。

 

薄手の細かいレジメンストライプで製作しました。

ツイッターでご好評をいただきましたし、生地を手配できそうなので、今後サイズ展開・受注を考えています。

ただし、こちらは限定受注ではなく通常受注(納期約1年…)となります。ご了承下さい。

いずれ数を作って限定受注に踏み切れればとも思うのですが、

限定受注はどれだけ見積もっても3ヶ月に1作品が私の製作限界なので、最速でも半年後ぐらいになりそうです;

いろいろ制作方法を考えているのですが「新しいものを作って見せたい」と

「無理をせず効率よく数を作れるようになりたい」との兼ね合いがほんとに難しいですね…

(今回も、本当なら新柄はレジメンのメアリ1点だけに抑えようと思っていたのですが、結局出してしまうという)

 

現品サンプルは7号サイズ。

サンプルとしてデザフェスにも持参したいので、

もし今回、お買い上げいただいてもお渡しはデザフェス後となりますことをご了承下さい。

 

価格は、33500+tax 円(ミドル丈:スカート丈75−80)

おつくりの場合は丈により価格が少し変動いたします。

 

シノワドレス<星座>

ピンクベージュ 7号 9号

ウォームグレー 9号

各1点。この2色は今回で製作終了です。

(同じ柄のミストブルーは作りかけがもうちょっとあります。

お針箱は無理でしたがデザフェスに間に合うかな…)

17500+tax

 

リフレクションドレス 11号

30000+tax

 

ローウェストコートドレス TCツイル アッシュグレー Sサイズ

31000+tax

 

1890sデイドレス<メアリ・L>ブーケ柄カーキブラウン 13号

27500+tax

 

1880sデイドレス<ジョージアナ> シャイニーグレー 9号

(写真の生地とは別生地になります。写真はポリエステル綿混紡、

現品はレーヨンとポリエステルの混紡です)

38000+tax

 

 

黒猫シノワドレス

黒赤 9号

芥子 11号

紺 9号 11号

こげ茶 7号 9号 11号 13号

各1点

 

20000+tax

 

シノワドレス<シルエットアリス>

7号、9号、11号

17500+tax

 

シノワドレス<ドラゴン>灰13号

20500+tax

 

シノワドレス<星座>グランドサイズ

 

XL〜XXLサイズの方向けにパターンを引いたシノワドレスです。

バストサイズ114〜128、
ウェストサイズ96〜110
スカート丈65cm
26500円+税

 

 

セーラーコートワンピース

ネイビー MSサイズ

ペールピンク Sサイズ

(他の色は在庫ありません)

各23500+tax

 

和柄ドールコートワンピース Mサイズ

16000+tax

 

1890sヴィクトリアンボウブラウス<新聞柄>

11号 13号

各20000+tax

 

ノースリーブボウブラウス<モリス・イチゴ泥棒>

モーヴ 13号

ネイビー 7号

各13000円+tax

 

 

これに前回ご紹介した受注用新作の<メアリ・F>

7号 9号 11号 13号がございます。

 

34000+tax(13号のみ36000+tax)

 

以上、気になるものがあればどうぞよろしくお願いいたします。

では明日から3日間、

市役所近くの Gallery Take twoさんにて

お待ちしておりますv

メールについてのお知らせ

  • 2017.05.07 Sunday
  • 23:10

去年の秘密のお針箱にて、

<シスターイルゼ>7号紺をご注文いただきましたAさま、

オーダー票にメールアドレスの記載がございませんでしたので、

完成&お届けのメールを発送することがかないませんでした。

ご記入いただいた際のこちらの確認漏れかと思います。申し訳ございません。

 

同じく、去年の秘密のお針箱にて

<シスターイルゼ>9号紺をご注文いただきましたHさま、

完成&発送のメールが戻ってきてしまいます。

アドレスを手書きで書いていただいているのでこちらの読み違えかもしれません。

申し訳ございません。

明日の夜にお手元に届く手筈になっております。

 

以上お二方、失礼いたしました。

お送りした品を気に入っていただけることを願っております。

5/12−14 「秘密のお針箱4」についてのお知らせ

  • 2017.04.28 Friday
  • 09:50

イベント情報の詳細は http://sincerelymoon.jugem.jp/?eid=100 へ

 

 

 

「秘密のお針箱4」限定受注用新作

 

今回、受注の仕方を試行錯誤するため

DMに載せていますこちらのワンピースを、

「受注用の新作」としてはこの1点だけご用意します。

 

試着用の現品は4サイズ全て揃えました。

現品のお買い上げは可能ですがお渡しがデザフェス後になることをご了承ください。

現品は「黒x赤x灰」のレジメンストライプですが、

他に「紺x赤x灰」「紺x緑x灰」の2色の布見本のご用意がございます。

 

価格は、34000+tax (13号のみ 36000+tax)

 

そしてこちらのみ「限定受注」として9月初旬の納品予定とします

数量に達するまでは、デザインフェスタ、その後WEB通販でも受け付ける予定をしております。

 

 

現在のその他の通常の受注製作は引き続き納期が約1年です;
今回の展示会でお申し込みいただいてもお渡しは来年の5月以降になります。
ですので、あえてそれを踏まえてでも頼もう、と思って下さる方だけご相談ください。

勿論、極力納期を短くお渡しできるように今後も努力は続けてまいります。


以前から展示会での新作を
「サイズを揃えずにまず新しいものを複数お見せする」
「サイズを揃えてから発表する(その代わりデザイン的な数量は1/4に)」
のどちらがよいか迷い前者を選択してきたのですが、
その後の製作がどうしてもうまくいかずに、
結局「試作」だけで終わってしまうパターンに陥っていたので、
今回思い切って後者にシフトしてみることに致しました。

 

わざわざおいでくださる方がつまらないかなとも思うのですが
「見せる」だけで満足するのではなくて
「コンスタントに製作していく」ことを主眼に据えなければもう意味がないのかな、と。

 

 

現在受注をいただいている一部の方に、後出しで製作が前後してしまう、というかたちになるため
ずいぶんと迷ったのですが、どこかでキリをつけないと
ずるずると駄目な形でこのまま進んでしまうことになる、と決断いたしました。
一度試してみてやはりうまくいかないようならまた別の方法を考えます。
曲げてお許しいただければ幸いです。
今まで出来なかったことを少しずつでも進めて、なんとか前に向って行けたらとそれだけを願っております。

 

 

■作品写真集の遅延のお知らせ
到底手が回るような状況ではなかったので、そして今からも縫製だけで手いっぱいなので、
去年から延びていた紙ものの新作は 「秘密のお針箱4」にもデザフェスにも間に合いません
ご協力いただいている方にはほんとうに申し訳なく(><)
やっつけで作るのも嫌なので出来るだけよい形で出したいです 。

 

 

■「お針箱」会場での企画のお知らせ
肖像写真(ポートレイト)撮影
http://sincerelymoon.jugem.jp/?eid=101
土曜日と日曜日に、
いつも私達が撮影でお世話になっているフォトグラファの上田タケシさんにお願いして
会場内でポートレイト撮影を行います。
いずれポートレイトを多数展示する展示会をしてみたいという企画です。
少し長期の計画なのですが、ご参加いただける方お待ちしていますv

2016AW展示即売・受注会 「秘密のお茶の時間」

  • 2016.10.07 Friday
  • 01:52

 

秋の京都展のDMが出来上がりました。

今年は、6月に両ブランドとも別々に展示をしているのもあり、

テーマ展ではなく、受注会としています。

 

イベントブログのほうに詳細が更新されています。

今回も土曜日にお茶会を企画しております。

京都展の方にお持ちする品物などは、イベントブログでご紹介する形になりますので、

あちらをときどき覗いてやってくださいね。

 

今回は、10周年展でこっそりラインの名称を変更していた

子供服・人形服をモチーフにしたセカンドライン(旧 Dear Alice)の

「The Nursery "Sincerely"」(ナーサリー)のラインを中心におつくりする予定でおります。

しばらくぶりの再販や、出来れば新作なども。
 

「The Nursery "Sincerely"」は、「The Nursery "Alice"」(邦題:子供部屋のアリス)からつけました。

長いし面倒なので、ナーサリー、とお呼び下さい。

「Sincerely, in the Mist」も「インザミスト」としてしか自分でも呼んでないし、

私はタイトルセンスがあまりない…というか長くしちゃう。

 

受注会といいつつも、Sincerelyのほうは納期が極悪すぎるので

出来るだけ即売品を増やしてお待ちしたいなあと思っております

10/10 Hunters Fair 2016 in ラフォーレ原宿

  • 2016.10.07 Friday
  • 00:54

 

連休最後の月曜日、東京のラフォーレ原宿6階にて、

スチームガーデンさん主催のHUNTERS FAIR2016が開催されます。

 

赤く印をつけたところが、Sincerelyのブースです。

ファンタジー横丁 b1。

 

(横丁って聞くとどうしても「ダイアゴン横丁」を思い出す)

 

”異世界のマーケット、「ハンターズフェア」。

10月10日、ラフォーレミュージアム原宿。

12時〜19時、 入場無料・入退場自由。

イベントの詳細はホームページにてご確認ください。

 

うちはうちらしい服しか作れないので、「19世紀洋装店」として

19世紀のまま時間に忘れられて漂流している仕立て屋…といったところでしょうか。

「彷徨えるオランダ人」みたいに「彷徨える洋装店」を目指そうかな、と思ったのだけど

Flying Dressmaker だと空飛ぶ絨毯みたい。

 

 

今回、Sincerelyのブースに更衣室を建てるのでご試着だけでも是非どうぞ。

一度サイズ確認だけしておいていただければ

後日カートなどで気に入るのを見つけた時に通販すると言うことも可能になりますし。

 

がっつりスチームパンクの装いをしている方はなかなかご試着も難しいと思いますが、

今回はラフォーレでの販売イベント、ということで

もうちょっと気軽に来て下さる方もいらっしゃるのではないかな、と。

 

1890sデイドレス<メアリ・F>

今回はスチームパンクに合わせやすい色柄、

またアレンジしやすいように前が全開になるパターンで製作しました。

アウターコルセットやウェストコートと相性がいいのではないでしょうか。

Sincerelyのウェストコートドレスとも合わせるとよさそうかも。

 

 

ボタニカルストライプベージュ コットンブロード 11号 34020円

 

 

レジメンストライプ コットンツイル 7号 36720円

 

価格の違いはそのまま生地の価格の違いです。

特にレジメンストライプは作ってみてとてもよかったので、数を作れるように

反で確保しようか考え中。

 

黒猫牡丹シノワドレス (シーチング生地)

黒地に赤 7号、11号、13号

芥子   7号、11号、13号

紺    7号、9号、11号、13号

こげ茶  7号、9号、13号

 

各1点になります。 21600円

 

1890sヴィクトリアンボウブラウス

ニューズペーパー柄オフ白 7号、9号、11号、13号

13号のみ2点、他1点ずつ。 21600円

 

ノースリーブボウブラウス

モリス・イチゴ泥棒柄モーヴ 7号、13号

各1点 14040円

 

ウェストコートドレス

銀釦ブラック 11号

ブラス釦ダークブラウン 11号

各1点 27000円

 

 

 

 

和柄ドールコートワンピース

各1枚。どちらもM(9−11号)です

17280円

 

 

 

シノワドレス<ドラゴン>青11号 灰13号 各1点

22140円

 

 

シノワドレス<シルエットアリス>

白ボタン 7号 9号 11号

18900円

 

 

1890スタンドカラーコーデュロイジャケット  11号

(ジャケットのみでスカートは別です)

 → 24700円 (試作品のため)
あとシノワドレスをもう少しお持ちする予定です。
PTシノワドレス ブラック7号 グリーン13号 各1点。
21600円。
グランドサイズ シノワドレス<星座>グレー
バストサイズ114〜128、
ウェストサイズ96〜110
スカート丈65cm
28620円
10周年展で製作した記念グッズも 少し持って行きます。
よかったらお買い上げいただけたら嬉しいです。
10周年展のレジュメが若干残っているので、そちらは無料配布いたします。
もらってない方よかったらもらってやって下さいませ。
Sincerelyの10年間の軌跡がまとめてあります。
(主な作品を全部、モチーフにした年代順に分けて載せています)
当日までにもう少し作り足せたら、またお知らせいたします。
尚、今回も一応受注のご相談は承れるのですが、相変わらず納期が極悪で、
既に来年いっぱいの予定が詰まってしまっている状態です。
なのでお勧めが全くできません。
この夏出来るだけ製作して予定を縮めるつもりだったのに、
予想外の事態が多くうまくいかず、
結局多大なご迷惑をおかけしております…。

今から東京に行ってまいります。

  • 2016.05.13 Friday
  • 11:09


皆様のお手元に、10周年展のDMは無事に届いていますでしょうか。
10周年記念なので、ということで、ずっと
「いつかSincerelyの服を着た女の子を描いていただきたいなー」
とこっそり思っていた井ノ上豪さんに依頼を受けていただきましたv
原画は今パソコンの前、毎日目に入るところに飾っているので、毎日とても幸せですv
京都展では原画も展示させていただきますね。

(実はほかにも大好きなイラストレイターの方に
「10周年記念なので」ということでお願いして描いていただいた絵があるのですが
それはまたもう少し先に…。私、勇気を出しました…)


先日紹介しました10周年展のブログのほうに、
DMにも載せておりました、土曜日の夜のレセプションパーティのことを書いております。
ご覧になっていただけたら嬉しいですv

http://sincerely10th.jugem.jp/?eid=5

初めてのことでとても不安なので、一応の人数確認をさせていただこうと思っております。
しょうがない、ヨシノのためにちょっと行って乾杯してやろうかな、と思われる方はぜひ、
メールフォームから教えていただけたら嬉しいです。

500円の会費徴収は、引き換えに500円の割引チケットをお渡ししますので、
今後にお買い物してくださったら結果無料になる、
と言う扱いにさせていただこうと思っています。(><)






展示説明用のレジュメも作ってみました☆
10周年展Preとしてブースを取った、デザインフェスタでもこちらはお配りいたします。

なんだか必死で頑張ってもがんばってもやらないといけないことは山のようで
ご迷惑もいっぱいおかけしてしまって;
ああやっぱり私って かっこよくこなすことって出来ないのだな、
と思いつつ、それでもせいいっぱいを見ていただけたらと思っております。

それでは、まずはデザインフェスタにて前哨戦、行ってまいります。

春の二人展の日程が変更になりました

  • 2016.02.23 Tuesday
  • 20:26
ずっと、4月の8−10日で予告しておりましたが、
正しくは4月の15−17日になります。

既に予定を立ててくださっていた方には多大なご迷惑をおかけして申し訳ございません。
場所はGallery Take twoさんで変更ありません。


変更になったというか、完全に私が思い込んで勘違いしておりましたのです…orz
今の時期になって判明…
ハナヲさんにもすごい迷惑をかけてしまった(><)
今後こういうことがないように、あまり自分を信用しないで
細かく確認しながら活動していかねば。

申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


DMは3月の初めごろに発送していく予定をしております。

新年のご挨拶(だいちこく)

  • 2016.01.14 Thursday
  • 17:28


2016年、よろしくお願い申し上げます。(大変に遅ればせながら…)
(写真は○十年前のお正月の写真です。大掃除でみつけました。
着ているものから七五三のすぐ後のお正月。私が6歳。弟が4歳。
今はいいおっさんになってしまった弟のまあかわいいこと…)

今年はSincerelyとして活動を始めてから10年になります。
立ち上げ当初から、10年かけて19世紀100年間のドレスシルエットを
現代の街着として再構築していく。
そして10年経ったらその成果を一堂に会した個展を開く、
というのを目標に活動してまいりました。
その区切りの年。

今年の抱負は、まずは、10周年展とそれに関わる企画を無事に完了させること。
そして次の10年へ繋げていくこと。

この10年で100年分のシルエットの原型だけはある程度貯められたかなと思うので
これから先はアレンジでデザインの幅を広げていく予定をしています。
あと、17世紀や18世紀や第一次世界大戦前とかにちょっと浮気するつもりでいます。
銃士服とかアビ・ア・ラ・フランセーズ風とかアールデコ時代とか、
あと和装のアレンジとかもあー作りたいなあって。わくわくしています。
10年間は19世紀モチーフのデザインに専念する、ほかは我慢するって基本的に決めていたのです。
ピクニックatハンギングロックが好きすぎて、エドワーディアンはちょっと入れたけど、
あれはほら1900年だし一応19世紀だから!みたいな(笑 


去年はいろいろあって思うような活動がなかなか出来ずに自分自身はらはらしましたが
それでも少しずつ、節目へ向けていろいろな準備を進めてきました。

年の頭のほうに父が体調を崩し、なかなか思うように任せなくなりました。
予定していたものが無理になったりとかもいろいろありました。
振り返ると活動自体が本当に大きく変化しています。

手作り市をやめたこと。
デザインフェスタを定期的に取ろうと思えるぐらい関東にも助けて下さる方がいらっしゃると分かったこと。
雑誌に掲載していただいたのも去年が初めてのことで、しかも3件頂戴しました。
そこからSincerelyを知って下さった方もいらっしゃって感謝の気持ちでいっぱいです。

年が明けて、以前より予定しておりました価格の改定をしております。
カートもオーダーページも完了済みです。
カートはお借りしているところの改定で、なにやら非常に使いにくい状態になってしまっているので、
早いうちに別の場所に移動させたいと思っています
(製作とイベント準備がどうしても優先してしまうのでなかなか果たせないのです…)



たぶん私のSincerelyの目指す先は、今後緩やかに
「仕立て屋さん」になっていくのではないかと思います。
工場に出し、ショップに卸し、という他のブランドさんとは
少しずつ進む道がずれていくのではないでしょうか。
 

偉そうにいえるほど、実のところちゃんと出来てはいません。
何度ももうこんなに出来ないならやっぱり辞めたほうがいいのじゃないかと思いました。
ことに製作については遅れ遅れで多大なご迷惑をかけている方もいらっしゃって…それでも
「潔く諦める」ことが待ってくださってる方への誠意だと考えるのは間違っているのではないかと。
誠意は「それでも服を作るためにあがくこと」だろうと。
「ちゃんと出来ないから迷惑をかけて心苦しいからもうこれ以上作るのは辞めます」とだけは言うまい、と心に決めました。
きっと活動はこれからもみっともないでしょうが、出来る限りご迷惑が少なくて済むよう、
精一杯勤めていきたいと考えています。




今年の夏、6月の7日から12日の6日間、
京都三条寺町の1928年に建てられた以前は新聞社だったと言うレトロなビル、
1928ビルの1階の奥のギャラリーにて、Sincerely10周年展を開催いたします。
5年ほど前から、どうせならここで10周年の展示をしたいと憧れていた建物での開催です。
憧れが現実になる、というだけで今からどきどきしています。
どれだけどんくさくても諦めずに辛抱強く実現に向けて続けてゆけばやはり願いは叶うのだと思いました。

基本的に、この10年間で仕立てた作品をお客様からお借りする形で展示しようと思っています。
販売を主眼としたいつもの展示会とは趣を異にしますが、
ヨシノが10年間どのぐらい頑張れてどのぐらい頑張れなかったのか、
そしてこれから何が出来るのかどこへ行こうとしているのか、よかったら見にいらして下さいまし。

土曜日の夕方に、レセプションパーティーなるものもやってみたいなあとか、
ディスプレイのことなどあれこれ、まだまだ夢は膨らんでいます。
ある程度は試着していただけるもの、販売できるものもご用意する予定です。
布違いでしたら以前の作品のお作りのご相談もそっと承れるかな、と思っております。

京都で6月に10周年展を開催するのに先立ち、
東京は5月の14日15日のデザインフェスタにて、10周年展のプレ展示を行います。
幸いなことに運よく場所も確保できましたので、
京都の展示品全点と言うわけにはいきませんがそれでも精一杯の形でご覧いただければと思っています。

9月3日には大阪中之島中央公会堂で「Romantic A La Mode」も久しぶりに開催されます。
ロマアラさん主催のファッションショーへも
「Sincerelyの10年」を表現する形で参加させていただきたいと現在、少しずつ計画しているところです。



今年の上半期イベントの予定としては、以下のとおりになります。

4月8−10日 京都御幸町御池上ル Gallery Take Two 期間限定合同ショップ「秘密のお針箱 3」

5月14・15日 東京有明ビッグサイト デザインフェスタ 「Sincerely10周年展Pre」

6月7−12日 京都三条寺町1928ビル1F 同時代ギャラリー 「Sincerely10周年展(仮)」

9月3日 大阪中之島中央公会堂 「Romantic A La Mode」 ブース参加、ファッションショー参加

いずれもイベントの際は、現在ストップしている受注のご相談はさせていただく予定をしております。
無謀にならないよう出来るだけ製作は前倒しに進めたいところですが…それは体力しだいと言う部分もあり;

委託の状況ですが、ずっと一時お休みしたままの状態が続いています。やめてしまったわけではなく、
匣ノ匣さんにもAmanojaKuさんにもお声はかけていただいていて
自分でもやる気満々なのですが、体調を崩すたびに結局、委託品を作る時間が削れてしまうので、
ずっと作れないまま時間が流れて…でも早くに!早くに!とずっと思っています…
今現在もまだお渡しできる状況に至っていないのが心底口惜しい。

と、ともかく体調を出来る限り気をつけて、せいいっぱいのものをお見せできる一年にしたいです。
書き出していくと、あんたどの口で体力がないって言ってるの、っていう感じに自分で立てた企画で
やることが山ほどなんですが…これでまだ今年の計画のうち書き出していないものも実のところまだまだあるのですが…
遅れても間に合わなくてもいつか絶対に実現させる、形にする、という諦めの悪さだけは
この10年のうちに身につけた気がいたします……がんばります。
 

遅れていた7月分のカートの更新を、11日に行います。

  • 2015.07.09 Thursday
  • 16:20
毎回のぐだぐだで本当に申し訳ないばかりですが。

7月11日の0時更新にしようと思います。

<メアリ>のブーケ柄アッシュブラウン7号1着。

<メアリ>のスペックストライプコンビネーションのブラウン11号1着。
(今回ほんの少し中央の無地部分のパターンをいじっています)

<メアリ>の新しい柄。白地に青緑の小花が散っています。9号

シノワドレス<星座>ピンクベージュ9号、11号各1。

シノワドレス<しじら織レジメンストライプ>グレー7号2着、13号1着。

今回ご用意できたのは以上です。
今晩のうちにカートの準備だけしておいて、0時に在庫数を増やす形にしようと思ってるので、
やっぱり間に合いませんでした!とは今回は言わないで済むかと思います。

7月中にもう1回カートに品物を増やしたいのですが…(一応目標は20日)
そのへんは体調によるので;毎度のことながら確約できないのでした;ごめんなさい。
一応、シノワドレスの残りの色を数仕立てたいとは思っているのですけど。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Twitter


ツイログ

http://twilog.org/yosinop/nomen

こちらは、Twitterでのヨシノの発言ツイートだけを
抜き出したまとめログになります。
他の方の引用などが外れているので読みやすいです。


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Costume in Detail: 1730-1930
Costume in Detail: 1730-1930 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bradfield
1730-1930年までのドレスの手書きによるスケッチ集。ドレスの裏側まで細部に渡って細かく、サイズとメモ書き付で丹念に描かれています。ドレスのの多さと情報量に圧倒されます。

recommend

Nineteenth-Century fashion in Detail
Nineteenth-Century fashion in Detail (JUGEMレビュー »)
Lucy Johnston
19世紀ファッションの現存するドレスのディテール部分に焦点を絞って掲載された写真集です。全身が載っていないドレスも多数ありますが、細かい襞や合わせ等が非常によく観察できます。

recommend

The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors)
The Child in Fashion: 1750-1920 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris,Mare Yaroscak
上記のコレクターによるドレス集成の子供服版。可愛くて繊細なドレスがたくさん写真で載っています。

recommend

Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors)
Victorian & Edwardian Fashions for Women, 1840-1919 (Schiffer Book for Collectors) (JUGEMレビュー »)
Kristina Harris
コレクターが集めたアンティーク・ヴィンテージドレス集。
何より実際に現代の女性が当時のドレスを着た写真がたくさん載っているので、大変興味深いです。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1860〜1914までのシーンごとのドレスが紹介されています。「お茶会」「舞踏会」から「乗馬」「舟遊び」「海水浴」等等…時代の風俗を垣間見るのにも良いかと思いますv

recommend

 (JUGEMレビュー »)

1880年代の洋服屋のカタログ。モノクロですが、殆どが正面とバックスタイルの2枚で紹介されているため、資料としては非常に見やすくなっています。セットアップ、コート、ドレスと紹介されている種類も豊富。子供服も有る程度充実しています。

recommend

Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886
Elegant French Fashions of the Late Ninteenth Century: 103 Costumes from La Mode Illustree, 1886 (JUGEMレビュー »)
Florence Leniston
1886年のオールカラーのファッションプレート集。1886年なので、袖山が小さいバッスルスタイルのドレスばかりです。

recommend

Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book
Fashions and Costumes from Godey's Lady's Book (JUGEMレビュー »)
Stella Blum
1837-69年、クリノリン全盛期のファッションプレートを中心に、一部小物もアイテム別で紹介。個人的にリボンの飾り襞の作成方法が嬉しい。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

マイフェアレディの時代、エドワーディアンのドレスの絵がたくさん掲載されています。ブラウス、スカート、コート、下着、帽子とアイテム別。

recommend

American Dress Pattern Catalog, 1873-1909
American Dress Pattern Catalog, 1873-1909 (JUGEMレビュー »)
Nancy Bryk
ヴィクトリア時代のアメリカの婦人服と子供服のパターン屋さんのカタログ。
小さい絵ですがとにかく大量のシルエットが見られます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM